マイホーム購入の流れは?我が家の入居までのスケジュール!

マイホームを建てるにしても、どんな流れで入居まで進むのかわかりませんよね!

ももんが

どこかで現金がいるだろうし、いつまでに準備すればいいんだろう…


しかも不動産会社、工務店、外構屋、銀行などとのやりとりが本当に多い!

この記事では注文住宅でマイホームを建てた我が家の場合のスケジュールを紹介します。

全員がこの流れとは限らないですが少しでも参考にしてくださいね。

土地の下見〜購入するまで

工務店から土地の紹介

家を建てる工務店を決めてから不動産屋は通っていません。

ハウスメーカーや工務店が決まっていれば営業さんが土地を探してくれるんです!

定期的に営業さんが「これは!」という土地の情報を家まで持ってきてくれました。


不動産屋さんと土地の下見



夫とも話をして今まででピンとくる土地だったので工務店の営業さんに連絡。

土地で気になるところもあるので後日、不動産屋と一緒に下見へ。

当日は不動産屋の営業、開発責任者と気になるところを納得いくまで話しました。

マイホームの予算の提案

土地の決定とほぼ同時に、工務店からマイホームに対する予算を2つ提案されました。

毎月の支払い額や項目別の予算の提案書です。

ローン仮審査

マイホームの予算の提案書を元にローン仮審査を行います。

土地は不動産屋に押さえてもらい中!

不動産(土地)契約

ローン仮審査が通ったので不動産(土地)契約をします。

1時間半くらい不動産屋の会議室で説明や契約をしていきます。

ももんが

子連れ(2歳と0歳)には1時間半って辛すぎる!

手付金で50万の支払い。


不動産(土地)購入

土地を購入します。我が家は現金で購入。

司法書士には登記費が18万

工務店と仮契約〜着工まで

工務店と仮契約

間取りの打ち合わせ前に、工務店と仮契約で20万支払い

我が家はR+houseなので外部から建築士を雇うお金になります。

ももんが

建築士さん、浅草からこんな片田舎にきてくれたよ!


建築士との間取り打ち合わせ①

建築士と家族のライフスタイルの話をしていきます。

建築士の質問にマイホームの希望を答えていくスタイル。

時間は約3時間かな。

ももんが

事前に好みの家の写真を準備しててって言われたよ(3枚しか準備してないけど)


建築士との間取り打ち合わせ②



2週間後、前回の話から作られた間取りを確認していきます。

プレゼン用の資料と模型も準備されてました。

玄関の吹き抜けを作ると予算60万オーバーだけどどうするかの提案や、外壁や壁紙、玄関ドア、フローリング、タイルを一緒に決めます。

工務店からは細かい標準仕様の設備も説明。

時間は約3時間半。

建築士との間取り打ち合わせ③



3回目の打ち合わせまでの2週間で「やっぱりここどうかな」ってところを

わたし⇆営業⇆建築士

でメールして確認。

確認したけど結果、1つも変更しませんでした!

最後の打ち合わせはのんびりしてたかな。記念撮影したり。

ももんが

結果的に建築士さんの考えた間取りで生活しやすいよ


工務店と本契約

建築士との間取り打ち合わせ③と同時に工務店と本契約しました。

80万の支払い

家の設備仕様を決めていく


ももんが

ここが大変だけどとても楽しいところ♩


わたしは次男の育休中だったので色々なショールームに何度も行きました。

浅草の建築士との打ち合わせは終わって、引継ぎで工務店の建築士さんと打ち合わせをしていきます。

設備の見積もりもショールームから工務店の営業担当に送ってもらえるので納得するまで変更できます。

造作もこの間に決めたりします。

地鎮祭



家の仕様がほぼ決まったら地鎮祭!

地鎮祭では神主さんに渡す初穂料を準備します。

ももんが

我が家は工務店に教えてもらって約6万だったかな


着工〜入居

着工!打ち合わせはまだ続く

いよいよ着工です。着工金に300万支払います。

着工前には工務店が周囲の家に挨拶してくれます。

この時点でまだ電気配線の打ち合わせとかしてました。

外構も工務店に頼んでいたので着工しても少し打ち合わせは続いてました。

地盤工事



地盤が緩かったので地盤工事を追加!

ももんが

85万くらい追加…


上棟!



梅雨時期で3回流れてやっと上棟できました。

この時点で2ヶ月近く延びました〜

工務店からも特にしなくていいということで大工さんにお金を包んだりお弁当を出したりはしていません。

ジュースとお菓子の差し入れを休憩中の2回しました。

つなぎ融資契約

工務店も資金がいるので銀行とつなぎ融資の契約をします。

我が家はひとまずつなぎ融資1600万

外構打ち合わせ

外構は外部に頼むことにしました。

打ち合わせは5回ほど。

3回目でイメージ図もしっかりできてたので頼むことにしました。

現場で直接打ち合わせ



工事も進み、細かい部分の打ち合わせも。

壁の強度がいるテレビの壁掛けの位置、配線、傘かけや配達ボックス。

現場監督さんとはよく連絡をとっていました。

ももんが

育休明けてたから仕事帰りに駆けつけたり大変だったよ


もちろん時間がある時は家を見せてもらったり、大工さんに差し入れしてお話したりしました!

外構契約

外構もローンに組み込んでもらうので銀行に連絡します。

マイホーム完成!

土地を決めてマイホーム完成まで約1年かかりました。

でも引き渡しまではまだ鍵はもらえません。

司法書士、土地家屋調査士に合わせて25万払って登記してもらいます。

家具、家電の購入

家具や家電を事前に購入しました。

エアコン2台、レンジ、トースター、掃除機で約60万

搬入や設置時期はそれぞれ決まり次第連絡します。


住宅ローン契約

つなぎ融資も含めた住宅ローンを決めます。

同時に保険も決めます。

ももんが

これから35年間返し続けないとねー


引き渡し!

新居でメーカーの人たち、工務店の人たちから沢山設備の説明を受けます。

説明書も山盛り!

外構着工〜終了



我が家の場合は旗竿地なので、カーポートができないと車を停めれないし入居できません。

高低差がある土地で出来上がるまで2ヶ月かかりました。

ももんが

おかげで賃貸マンション代とローンを3ヶ月ダブって払ったよ


入居!

家具、家電も搬入してもらって入居です!


マイホーム購入の流れ

・土地の下見〜購入→

       2018年9月〜2019年12月

・工務店と仮契約〜着工→

       2019年1月〜2019年4月

・着工〜入居→

       2019年4月〜2020年1月


ここまでで1年3ヶ月(15ヶ月)はかかっています。

そして夫と「マイホームを手に入れよう!」と行動し始めて約4年半です。

ももんが

長男生まれる前から探してたからね


振り返ると楽しかったけどとっても大変でした〜。

ハウスメーカーや工務店によってもスケジュールが違うかもしれませんが、我が家のスケジュールはこんな感じです。

ぜひマイホーム作りの参考にしてくださいね!

\関連記事/

マイホーム計画のはじめに考えておきたい4つのこと! ネットでハウスメーカー・工務店の情報を無料で一括請求してみたよ いい土地の見つけ方!土地探しをする前に知っておきたいコツ 土地が出やすい時期に、いい土地に出会えないワケ 知らないと損する!旗竿地のはなし。浮いた200〜300万円を家に投入! 旗竿地で後悔しないための5つの条件