旗竿地で後悔しないための5つの条件

知らないと損する!旗竿地のはなし。浮いた200〜300万円を家に投入!



旗竿地で家を建てたいけどどんな家が建てられるの?

旗竿地の家づくりで失敗したくない!

世の中には形の悪い土地が沢山ありますよね。

しかも、そんな場所に限って立地がすごーーく良かったりします。

それに旗竿地ってイメージ悪くないですか?

旗竿地(はたざおち)とは
通りから家までを繋ぐ道が狭く、家を建築する土地は大きく開けている。
旗(家を建てれる土地)と竿(通りと家までを繋ぐ土地)の形をした土地の事です。



イメージ、悪いですよねぇ〜

我が家は立地>旗竿地を優先して土地を購入しました。

そうです。

旗竿地で不整形地を購入したんです。

私は土地購入〜新居の建築がはじまってからもネットで旗竿地のデメリットばかり検索しまくりです。

旗竿地で不整形地を購入したばかりに毎日、不安不安不安の連続!



そして2020年1月に新居の引き渡し、入居をして実際に暮らしはじめました。

けど実際に住んでみると

「あれ?凄く快適!」



そうなんです。

それが住んでみると、とっっっっても暮らしやすい!

土地の形が悪くてもとても満足できる家になったんです。

そして、実際に住んでみて

「旗竿地には暮らしやすくなる条件がある

と気づきました。

ももんが

旗竿地って聞くとデメリットばかり目を向けがちだけど家の建て方次第で本当に住みやすいいい家になりますよ〜



そんな旗竿地(間口6m)に家を建てた私が「旗竿地で後悔しないための5つの条件」をまとめました。

旗竿地で後悔しないための5つの条件

吹き抜けをつける



旗竿地は家に囲まれている可能性がとても高いです。

なので日当たり確保は最重要事項です!

けどその日当たり確保も吹き抜けをつけると改善されます。

我が家では東側ほぼ全面、南側と北側に大きな吹き抜けがありますがおかげで1日中とても明るいです!

「吹き抜けは絶対にいやだ!」

というこだわりがなければ絶対につけるべきです!

高気密・高断熱にこだわる



「旗竿地だと日当たりが悪いから寒いんじゃ…?」


そう思いますよね。

実際、吹き抜けをつけるとどうしてもエアコンの効率が悪くなります。

そこで、高気密・高断熱の家だと冷暖房の熱が外に逃げないため室温を効率よく保てます!

なので、家を建てるのが整形地でも旗竿地でも

「吹き抜け」をつけるなら「高気密・高断熱」はセットで考えましょう!

信じられないかもしれませんが我が家は

トイレ、脱衣所、寝室以外は扉がありません。

エアコンは2台ほどダイキンさんの一番大きいものを設置してます。

ですがほぼ1台でまかなえてる現状…!

エアコンを消して外出しても家に帰ると

「あったかい…!」

「涼しい!」

と本当に感じます。

高気密・高断熱で損する事はありませんよ。

駐車スペース・人道スペースの確認



旗竿地だとどうしても家まで続いている

路地部分が駐車スペース、人道スペースになります。

実際にあなたが持っている車のサイズを知っていますか?

普通車で幅2.5mあれば運転席から乗り降りに十分です。

助手席から乗り降りを同時にするとなると幅3mは欲しいところ。

軽自動車だと幅2.5m、3mでゆとりがもてます。

我が家は車がないと生活できない地域なので車は2台停める必要がありました。

普通車と軽自動車の2台。

希望は並列駐車。

夫の希望でカーポートは必須だったのでその分のスペースも確保しないといけません。

購入した旗竿地の間口は6mです。

ネットや建築士さん達の情報から

「間口6mなら車を停める幅は十分なはず…」

とわかっていながら実際に車を入れるまで心配でした…

実際に住んでみて特にストレスなく車の停車、乗り降りできています!

なのでもし車を持っている、これから持つ予定がありそうなら、駐車スペース・人道の確認は絶対してくださいね!

不安であれば建築士さんなどのプロに相談もしてください!

泥棒リスクを考える


・家をアプローチから見えるように建てる
・外構にライトを設置する



簡単な方法としては上記を意識して建てると心配な泥棒リスクが下がります。

逆に、旗竿地だと家に囲まれている場合が多いので逃げ場を失うことを考えて泥棒が狙わないことも考えられます。

ですが絶対に泥棒は入らないとも言い切れません。

狙われないように対策が必要になります!

我が家はセンサーで暗くなると外構のライトがつくようになっています。

LEDだと8時間を1ヶ月でも200円もいかないのでとても効率的です。

しかもご近所さんにも泥棒よけで感謝されるしお気に入りの外構と家も映えるしいいことづくめですよ!



旗竿地でも満足できる家が建てれると知っておく



「立地は120点!でも旗竿地…」

ということもあります。

もしそこで

「旗竿地はダメ、絶対!」

スルーすると後悔するかもしれませんよ!

ここに書いている「旗竿地で後悔しないための5つの条件」は別に旗竿地だけに限ったことではないんです。

吹き抜けは好みももちろんあります。

けど、高気密・高断熱にこだわる、駐車スペース・人道スペースの確認、泥棒リスクを考える、全て家づくりには大切なことです。

それに旗竿地だと土地が整形地より安いです。

我が家は旗竿地だったので同じエリアの分譲地より1坪3万〜9万も安く買えています!

なのでその分、外構や家のこだわり部分に充てれました。

旗竿地でも満足できる家が建てれると知っておくことで出費を抑えれるのでぜひ覚えていてくださいね!

旗竿地が不安なら徹底的に情報収集する



もちろん、ここまで読んで旗竿地に対しての不安がなくならないのこともわかります。

私も実際に住むまではそうでした。

でも、

「立地も値段もいいし…」

ともし悩んでいたら、ネットでも大手ハウスメーカーの間取りや資金計画のサービスを無料でしているので一度利用するのもいいですよ。

我が家は共働きで、ハウスメーカーのモデルハウスや完成見学会に行くタイミングを中々つくれませんでした。

そこで夫が比較するのにネットで資料請求などしてくれてました。

ハウスメーカーや工務店の情報収集をすると比較対象が増える分、不安が解消されます。

一括でハウスメーカーや工務店の資料請求ができるので忙しい方におすすめですよ。

>>旗竿地でどんな家が建てれるか無料で資料請求してみる

\関連記事/

ネットでハウスメーカー・工務店の情報を無料で一括請求してみたよ 旗竿地を知ると見えてくるいいことってなんだろう旗竿地にして良かった!と言える我が家の4つのメリット いい土地の見つけ方!土地探しをする前に知っておきたいコツ土地が出やすい時期に、いい土地に出会えないワケ